リフォームアカデミー

リフォーム会社様を専門に、「設計研修」を行ってエキスパートプランナーを育てます。個人の方はオリジナルメニューを用意しておりますので、まずはご相談ください。

リフォーム会社の設計職

 人材の質

リフォーム会社の運営上の問題のひとつとして、設計の人材の質というのがあります。

 新築案件をメインに扱う設計事務所というのは、採用段階から大学で建築設計を学んだ新卒を雇い、働き始めてからも先輩所員の厚いサポートを受けて設計技術を習得していきます。

それに対して、リフォーム会社で設計・コーディネート職に就く人というのは、必ずしもこれまでの人生で建築設計を学んだり経験しているわけではないのが実情です。他業種から転向してきた人も多く、新卒で入ることもあまりない。当然そういう人たちは設計に必要な知識も経験もないので、まともな図面を描けない。

そこで正しい知識と技術を授けてくれる上司がいればいいのですが、その設計職の上司も同じような経歴で体系的な知識を持ち合わせておらず、これまでの自分が馴染んでいる、社内でなんとなく採用されてきたやり方に則った回答しかできない。また、そもそも設計職がおらず、まわりや上司は営業や工務の人ばかりであったり。

 つまり上司と部下、お互いがきちんとした知識を持たないまま、分からないまま無理やり物事を進めているのです。正しい知識を得られないまま何年も一緒に仕事をしていてもまともな関係など築けるはずもなく、むしろ悪化してお互い苦しむという悪循環に陥る。そんなリフォーム会社は多いのではないでしょうか?

 さらにそれを他の上司や役職者も見ているが、その人たちもまた営業や工務出身であったりで正しいアドバイスができず、結果根性論のような話になって「もっと現場に行って勉強しろ」などと言う。それはもちろん大事なことですが、リフォームの勉強の一側面であって、いま当事者が悩んでいることはそれでは解決できません。いま本人は、現場で訳の分からないまま突っ立って職人を眺めることではなく、もっと体系的な知識の習得を望んでいるのです。

 こんなやり方を続けていては、はっきり言って優秀な人材は確保できません。当たり前です。そういう人はよそに行きます。単純な話です。だからリフォーム会社は社員の定着率が低い。それで会社が開き直って「そんな奴は来てくれなくていい」、「最近の若い奴は根性がない」というのは簡単です。波風も立たず、そう言う年配者自身も傷つかずに済むかもしれません。しかし会社は発展しません。それよりも、具体的に問題に取り組む方が良い人材が来るし、将来自分も楽になります。

 正しい教育の機会を用意すれば正しく育ちます。それが教育です。

 私の考えをより詳しく知っていただくために、過去の記事もお読みください。

 

 設計・提案研修に興味のあるリフォーム会社様は、リフォームアカデミーまでご一報ください。実務に沿った内容を基本から丁寧に指南させて頂きます。

また、図面の個別添削やCAD講習、定期刊行物の作成なども承ります。

 リフォームアカデミーのサービス一覧

・設計・プレゼン研修※エキスパートプランナーを育てるなら必須です。

・図面添削サービス

・ムダな会議削減アドバイス

・個別案件図面作成

・社長通信など定期刊行物の原稿作成

私の考え方をより詳しく知っていただくために過去の記事もお読みください。

 

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

 

TEL/FAX:078-777-8899

MAIL:babaaurhum@jcom.zaq.ne.jp