リフォームアカデミー

リフォーム会社様を専門に、「設計研修」を行ってエキスパートプランナーを育てます。個人の方はオリジナルメニューを用意しておりますので、まずはご相談ください。

『ムダな会議削減アドバイス』のご案内

時は金なり 

 これから先の時代、皆さんの仕事の仕方は間違いなく変わります。それも劇的に。そしてこれを歓迎できる人とできない人の両方がいます。しかし、歓迎できない人が圧倒的多数だったとしても、仕事の仕方は変わります。世の中の流れがそうなっているのです。それは個人で少しばかり抵抗したところでどうにもなりません。昔、CADが出てきた時にそんなもの使えるか!と言っていた人はもうこの業界にいません。構造計算を手書きで解いていた時代に解析するソフトが出てきた時にも皆それを使うようになりました。別の業界を見てみると、今後段階的にガソリン車を廃止して100%電気自動車に移行するという国も出てきました。電気自動車しか売ってはいけない国でガソリンを造ってなにが報われるでしょうか? つまり、仕事とは、いかに新しいテクノロジーを使いこなすかということでもあります。待ったなしです。リフォーム会社の皆さんにも取り組まなければならないことがたくさんあります。まずは会議の仕方を改善してください、またはムダな会議はなくしてください。いますぐに。リフォームアカデミーでは、設計研修だけでなく、業務の効率化についても様々なプログラムを用意しております。 

 これまでの日本の価値観では、重厚長大が良しとされ、安心、信用を最優先し、確実に信頼性の確保できる製品を作ろうと努力してきました。昔ならそれで良かったのですが、今はそれだけではダメです。もし皆さんの会社が10年くらい歴史のある会社なら、後発組の新しいリフォーム会社を見てみてください。彼らは仕事が早くて、ITを使った広告手法を駆使し、新しい時代のデザインも分かっています。つまり、彼らには働き方改革など必要ありません。最初から効率的に仕事してるから。会議のスケジュールひとつとっても、わざわざ来週の何曜日の何時から誰さんと誰さんを呼んでなんていう決め方はしません。その場にいる関係者にすぐに声をかけてその場で打ち合わせしてそれで終わり。なにか新しいことを始める時もそうです。思いついたらその日のうちに実行しろ、そういうスピード感。

 アマゾンが日本に上陸してインターネットで本を売り出してまず最初になにが起こったか? 街の本屋さんがなくなりました。電子書籍も出来たから取次ぎ業者が必要なくなってたくさん倒産しました。彼らは最初からムダなことをしていなかったから圧倒的に勝利できたのです。これだけあらゆる産業でIT化がすすみ、世の中が変化している最中にリフォーム業界だけが変わらない、安泰などということがあるでしょうか?

 皆さんの会社ではどうしてますか?  誰かがA4サイズのレジュメを作って、会議が始まったら配り、そこで初めてそのレジュメに目を通した社員がそれについてその場で意見を求められ、会議が終わったらまた誰かが殴り書きのメモをもとにエクセルでA4サイズの議事録を作る。こんなやり方をしていませんか?  そもそもレジュメも議事録もない会議をしてる会社もけっこうあるかもしれませんね。結論から言うと、そんなものは必要ありません。少なくとも紙の資料は。社内で打ち合わせするのにレジュメだ議事録だのと形式的なことばり言って時間を浪費するなどムダ以外のなにものでもありません。紙の資料を見て、考えて、記録する。これはパソコンのなかった時代の仕事の仕方です。なかったからそうしてた。ただそれだけの話です。今はノートパソコンやタブレットがあります。社員一人ひとりに支給している会社もあるでしょう。会議の時は全員でそれらの機器を持ち寄ってその場でエクセルデータに上書きしていけば良いのです。エクセルはいくらでも行を増やせますし、紙に打ち出さなくても良いですから1枚の紙にまとめる必要もない。太字や色付けなども自由自在です。みんな毎日エクセルやワードを仕事で使っているのに、こういう使い方は思いつかない。仮に思いついても今までの仕事の仕方に囚われてそこからなかなか抜け出せない。でももう終わりにしてください。なぜなら、それでは生き残れないから。悪い結果しか出ないから。わかりやすいように、ムダな会議が会社にとってどれだけの損害となっているか数字にしてみましょう。毎月定例の会議があってその会議は実は参加している社員全員がムダであると考えていたとします。その場合、仮に一人あたり1,500円の時給とすると、1,500×5人×1時間×12ヶ月で年間9万円ムダにしていることになります。つまり9万円ドブに捨てている。ムダな会議が月に3回あれば年間27万円、もし毎日朝礼をやっていたら、それもたいていムダなのでカウントすべきです。また、ムダな会議というのはダラダラ時間ばかりかかって、実際には1時間では済まずに2時間かかっているかもしれません。そう考えると損失はもっと大きくなります。

誰でも、いま自分がやっていることの結果を、それが良いものであれ悪いものであれ後から知ることになります。良い結果を生むように働きましょう。のんびり悠長にかまえている場合ではありません。働き方を変えてください。できることからどんどん変えていく。これが“働き方改革”です。働き方改革とは意識の改革です。オフィスのレイアウトを変えるだけでは何も変わりません。

まずは日々の業務で最も改善しやすい会議から変えましょう。待ったなしです。

f:id:ReformAcademy:20171015144707j:plain

 リフォームアカデミーのサービス一覧

・設計・プレゼン研修

・図面添削サービス

・ムダな会議削減アドバイス

・個別案件図面作成

・社長通信など定期刊行物の原稿作成

 私の考え方をより詳しく知っていただくために過去の記事もお読みください。 

 

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com