リフォームアカデミー

リフォーム会社様を専門に、「設計・プレゼン研修」を行ってエキスパートプランナーを育てます。「図面添削赤ペン先生」、「ムダな会議削減赤ペン先生」、個別案件の図面作成及びプレゼン資料作成も承っております。個人の方はオリジナルメニューを用意しておりますので、まずはご相談ください。

3割バッターでは勝てない

テキトーな話に惑わされるな

 よくリフォーム業界では、相見積りで勝率3割ならその担当者は優秀と言われています。そして必ずと言っていいほど、「野球の打率と一緒で〜〜」という例え話が補足として付いてきます。どうして野球とリフォームの相見積りが同じ土俵に乗ってるのでしょうか?  そういう話を真に受けているとトンデモナイ目に遭います。

“テキトー”と“適当”の違い

 野球の話はこのくらいにして、まずリフォームの相見積りが勝率3割で優秀という人は、残念ながらまったく今の時代を理解していません。そもそもそのデータですらきちんと集計されたものかも怪しいですね。テキトーに言ってないでしょうか?  少し話が逸れますが本来、“適当”とは、「最適にして当然」の略であると考えます。これは何度も書いている「ソツのない仕事」を意味することでもありますが、そうでない場合、これはカタカナの方のテキトーと私は考えています。皆さんも言ってませんか?  「テキトーにやっといて」って。ダメな方の意味で使わないようにしましょう。あと、世の中にはなんの根拠もないテキトーな話も多いから気をつけてください。ついでなのでもう1回脱線します。もう何年も前からよく聞くテキトーな話について。

報連相。これよく聞きますね。毎朝ポスターに書いてるのを読まされてる人もいるのではないでしょうか?  なんとなくキャッチーで言いやすくて最もなことを言ってるような気になりますね。ある時こればっかり言ってる人に聞いて見ました。「報連相ってどういう意味ですか?」と。そしたら「報告、連絡、相談を徹底すること」と返ってきました。さらに「報告と連絡はどう違うのですか?」と聞くともうそこで言葉に詰まっていました。もちろん厳密に言葉の意味としては報告と連絡、相談それぞれ少しずつ違う意味がありますが、それでも結局は似たようなものです。そんな同じような言葉をわざわざ略して並べて、耳当たりの良いのをいい事にどこの会社でも同じことを連呼してる。ちゃんと考えてそれぞれの意味が分かって言ってるなら私も何も言いませんが、テキトーに、なんとなくそうなのかなというレベルの理解で物事を決定し、進めるのは危険です。

 本題の相見積りの話に戻します。勝率3割でやっていけた時代は終わりました。まずはこのことをはっきりと肝に命じてください。昔は3割勝っていれば残りを取りこぼしても、世の中全体が成長路線だったので他に仕事がいくらでもあった。それで困らなかっただけです。大きなプロジェクトなら一勝一敗でも良いという世界でした。

しかし、そんな時代はもうとっくに終わりました。3割では足りません。そんな悠長なことは言ってられなくなったのです。その事にまずは気づいてください。“3割打者は優秀”というのは幻想。ではどのレベルを目指すのか?  最低でも5割を達成してください。これはお客様がリフォーム会社を選ぶ時に最後に天秤にかけられる会社でいることがまず前提として求められます。この土俵で勝てるようになる。やっとのことで3社に残っているレベルでは、そこから先の勝負には進めません。

お客様は、最後には「この2社のうちどちらに頼もうかな?」、あるいは1社に対して「ここに頼もう」と考えて決めます。ですので、まず100%の確率で最終選考に残る設計・プレゼンの実力を身につけてください。それ以外は見向きもされません。原因はそれぞれでしょう。設計内容があまりに幼稚すぎる、流行りのデザインを取り入れた写真写りの良い提案ばかりで将来にわたった住み手の生活を考えていないようなプランなど、そんなものは相手にもされません。レベルの高いお客様になればなるほどそういったことを一瞬で見抜いてしまいます。プレゼンが下手なくらいならまだ大目に見てくれるでしょうが、プランのまずさや設計力の低さはいくら取り繕ったところでごまかせるものではありません。そこから先の契約率は運とか相性にも左右されるので5割だったり6割だったりするでしょう。でもまずは5割を目指してください。

そこまでいけば他の会社の設計職と人とはあきらかに違うレベルのクォリティが身についています。それさえあれば受注する案件の金額が上がるという目に見える結果を伴うでしょう。サッカーの選手の年俸がクォリティで決まるように。

そして、良い案件に恵まれれば、設計者もさらに良い仕事をします。そういうサイクルで仕事ができる存在になってください。

 リフォームアカデミーのサービス一覧

・設計・プレゼン研修

・図面添削赤ペン先生

・ムダな会議削減赤ペン先生

・個別案件図面作成

・社長通信など定期刊行物の原稿作成

 私の考え方をより詳しく知っていただくために過去の記事もお読みください。

 

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

 

PDCAからP〇〇へ

 出戻り業務をなくすために…

 「PDCA」。よく聞きますね。報連相とセットでよく聞きます。正しくは、PDCAサイクルPDCA cycle、plan-do-check-act cycle)で、Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善の 4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善するとのことです。偉い人が考えたもので基本的にこれで良いとは思っていますが、リフォーム会社の業務に落とし込んで、私なりに少しアレンジしてみたいと思います。

 私がいつもリフォーム会社の仕事を見ていて驚くのは、『なんて出戻り業務が多いんだ』ということです。それも毎日朝礼をして「PDCA」や「報連相」についても熱心に語っているような会社に限ってです。これではAct(改善)なんて夢のまた夢です。ありもしないユートピア(理想郷)を語る前にもっと現実的にならなくてはなりません。そもそもこの「PDCA」とは事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進めるために考案された手法です。であるのになぜこんなことが起こるのでしょう?

 私は、リフォーム業務においては、このPDCAサイクルの順番に問題があると思っています。具体的には、3番目のC、Check(評価)の順番です。以後分かりやすく“チェック”と呼びます。このチェックがDo(実行)の後ろにあるから、少なくとも私の知るリフォーム業界では出戻り業務がいつまで経ってもなくならない。当然ですね。行動の後にチェックしているのですから。どうすれば良いか? 簡単です。“実行”と“評価”の順番を入れ替え、そして簡略化するため一旦最後のAck(改善)をなくします。そうすると、PCDとなります。つまり、Plan(計画)→ Check(評価)→Do(実行)です。

PCDこれなら業務に取り入れやすいのではないでしょうか?

PDCA」から「PCD」へ

 出戻り業務をなくすと書きました。以前の記事にも書きましたが、これは“イヤなことを先にする”ということです。私は同じことを何度でも言います。大事なことは出来るようになるまで言い続けます。PCDの肝は“イヤなことを先にする”ということです。多くの人が“チェック”という面倒くさいことをする前に“行動”に突っ走ってしまう。理由を聞くとやはり「面倒くさいから」と言います。後から問題が発生してその処理に追われる方がはるかに面倒くさいにも関わらずです。そういう人たちはやはり仕事の仕方を知らないのです。間違った仕事の仕方を教えられ、あるいは仕事の仕方を教わったことがないために間違っていることにすら気づいていないかのどちらかです。そして、長年かけて染み付いたその悪い仕事の仕方に慣れ、しまいに愛するようになってしまいます。日々、効率の悪い出戻り業務を繰り返しているうちに、新しい合理的な考え方を目にしてもまったく反応しません。

 リフォームの仕事に限らず仕事をしている方なら言うまでもなくお分かりだと思いますが、仕事の9割はしんどいこと、面倒くさいこと、イヤなことで占められています。面白いこと、楽しいことが残りの1割あればかなり恵まれた環境ではないでしょうか?

例えばリフォーム会社の設計職なら面白いこととは、おそらくプランしている時でしょう。自分なりにどんなテーマを持って、それをどのようにプランに落とし込むのかなどと考え、それがうまくできた時は苦しいながらも楽しく、充実感を感じる瞬間でしょう。でもそれは残念ながら業務全体の1割の要素でしかありません。他の9割のイヤなこと、面倒くさいことが待っています。仕事とはそういうものだから。その9割とは、細かいところまで検討した図面を描いたり、幾通りものパターンで見積書を作成したり、役所に提出する申請書を書いたり、建材や住設機器を発注したり、競合他社よりもよく見せるためにパースを作成したり、現場で職人とケンカしたり、追加の費用をお客様に説明して請求したり、イヤなこと、しんどいことだらけですね。

でもこれを、まずはプロジェクトを始める前に全部紙に書きだして、イヤなこと順に並べなおして下さい。そして、紙に書いたとおりの順番に、つまり1番イヤなことから先にひとつずつ片付けていってください。それが終わって初めておいしいところを頂くんですね。食事と一緒です。好きなものばかり食べていたら行儀が悪い。それができて習慣づくと、その人の仕事は驚くほど早く終わるようになり、業績も目に見えて上がります。

 このPCDが、これも何度でも言いますが“ソツのない仕事”です。私たちリフォームアカデミーの最も重要な使命は出戻り業務をなくして、皆さんが“ソツのない仕事”ができるように指南することです。

PDCA」や「報連相」など一見耳当たりの良い言葉が次から次へと出てきます。もちろんそれ自体はきちんとした内容があるものなので私も否定はしません。ですが何も考えずにただそれを連呼しているだけでは意味はありません。自分なりに考えて、会社の実態に合うようにアレンジして取り入れることが大事と思います。

 リフォームアカデミーの「設計・プレゼン研修」では、こういった業務の改善方法についても指南させて頂きます。ただ単に図面の描き方について話すのではありません。また、内容のない営業セミナーでもありません。実際の業務に役立つスキル、ものの考え方をお教えするのであらゆる意味でレベルアップが見込めます。

 「設計・プレゼン研修」をはじめ、他のサービスをご検討、申し込みされる前には私の考えをより詳しく知っていただくために過去の記事を併せてお読みください。

f:id:ReformAcademy:20171015144707j:plain

 リフォームアカデミーのサービス一覧

・設計・プレゼン研修

・図面添削赤ペン先生

・ムダな会議削減赤ペン先生

・個別案件図面作成

・社長通信など定期刊行物の原稿作成

私の考え方をより詳しく知っていただくために過去の記事もお読みください。

 

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

 

アリバイ業務を評価しない

 アリバイ業務のウソ。これをやっている、許している、まして評価する会社に未来はない。


 私はアリバイ業務が嫌いです。当然評価もしません。コメント付きでいくつか挙げてみます。

  • 「活動量ナンバーワン」実績あげてから言え。
  • 「誰よりも朝早く出社してる」業務時間外に何をしようがそんなことが評価に関係あるはずがない。もしあるならその会社はおかしい。
  • 「いつも夜遅くまで頑張ってる」知らんがな。もしワシの会社やったら仕事が遅いんは逆に指導の対象じゃ。家に帰りたくないだけのオッサンは世の中いくらでもおる。迷惑。
  • 「見積りは“作成”しました」さっさと提出して“契約”してこい。成果が出なければやったことにはならん。
  • 「1日に何件もお客様訪問をした」←知らん知らん。逆にお客様の方から指名してもらえるような魅力的な人間になれよ。あとこんなのもあります。これもれっきとしたアリバイ業務。
  • 「あの時言った」←相手にちゃんと伝わってなかったら言ってないのと一緒。伝わるようにきちんと言うかメールなどの文字で残る手段で間違いなく伝えろ。だいたい後からこのセリフを吐く奴ほど、必要な時に大事のところを曖昧にぼかしてきちんと説明をしていない。

 いきなり怒気をはらんだ調子で申し訳ありません。アリバイ業務=私がつくった造語です。意味は、次のようなものです。
『さも立派な仕事をしているように見せるために表面上はいろいろと取り繕うが、その内容に意味はなく実効性に乏しい。当然結果も出ないムダな業務』
 これまでにある言葉では、“お役所仕事”がもっとも意味が近いでしょうか。車に乗っていたら、たまに木の陰に隠れてネズミ捕りしてるのを見かけますね。

アリバイ業務さえなくせば働き方改革完了!

 この言葉一つのために本が一冊書けてしまうのではないかと思うほど私が嫌い、問題視するアリバイ業務ですが、実際いま日本で流行っている働き方改革なんて、このアリバイ業務をなくせばすべて解決するのではないかとすら思っています。
アリバイ業務撲滅キャンペーンをしたいくらいです。こんな感じでしょうか。『なくそうアリバイ業務!』

アリバイ業務に勤しむ人間の思考回路

 この手の社員は、そのまま放っておいても戦力になることは絶対にありません。なぜなら本人に向上心がないからです。もっと言うと彼らは単純に自分の身体を会社に一定時間拘束させる事で毎月の給料が貰えればそれで良いという完全に受け身な考えです。大人になって就職する歳でそういう状況ですから治そうとしてもそう簡単にはいきません。これは日本の社会にも問題があるのです。日本で終身雇用の慣習は崩れ去りましたが、それを良しとする考えはまだ根深く残っています。その結果、会社に入ることが目標になってしまい、それが出来た時点で本人にとってはそこがゴールになってしまいます。就職して初めて何をやりたいのかを考え出したりする始末です。本来、仕事とは“どういう仕事がしたくて、その為にはどの会社に入る必要があるのか”という観点から職場を選ぶべきです。そのように選ぶと、必然的に“終身雇用”という考え方は働く者の立場からすれば除外されるべき、そもそも必要のないシステムのはずです。自立心の強い人間なら、自己紹介の際に「◻︎◻︎の〇〇です」という言い方はしません。「“△△”をやっている〇〇です。今は◻︎◻︎にいます」という言い方になります。日本の多くの会社員の場合は“△△”が抜けていますね。しかし、この△△の部分が本来一番大事なはずです。設計なのか、工務なのか、或いは営業なのか?それがその人の中身として相手に認知されなければなりません。でもみんなそこを飛ばして自己紹介する。言うのは会社名とそこに属する自分の名前だけです。そんなに会社は大事でしょうか? 会社名を言わなくても、あなたという人間をもっと的確に説明できないものでしょうか? 会社はもっと自立心旺盛な社員を育てなければなりません。会社に隷属するだけが取り柄の人間はそれ以上のことを会社にもたらしません。それではダイナミックな人間関係、仕事の展開は期待できません。つまり会社の活力が失われる。活力がなくなった会社は、あとは孤独に社会から取り残され、ひっそりと歳をとるだけです。未曾有の人口減少時代に突入した日本の社会にあって、あらゆる産業で生き残りを賭けて必死の戦いが繰り広げられています。活力=エネルギーを最大限発揮しなければならない時にアリバイ業務が惰性で行われる会社にだけはしてはいけません。それは敗北を意味します。

f:id:ReformAcademy:20171015144707j:plain

 リフォームアカデミーのサービス一覧

・設計、プレゼン研修※エキスパートプランナーを育てるなら必須です。

・図面添削赤ペン先生

・ムダな会議削減赤ペン先生

・個別案件図面作成

・社長通信など定期刊行物の原稿作成

私の考え方をより詳しく知っていただくために過去の記事もお読みください。 

 

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

 

リフォームアカデミーセミナー開催のお知らせ

リフォーム会社さま必見! この度リフォームアカデミーのセミナーを開催することになりました。

人口減少の時代に突入し、仕事の量は減ってきているにもかかわらず、競合は異業種からも新規参入してくるなど増えるばかり…

そんな時代に生き残るリフォーム会社の条件とは?

 

f:id:ReformAcademy:20180425095347j:plain

 

セミナー内容

・『相見積りの勝率5割をスタートラインにする』

※特別講座『リフォーム会社の脆弱性

・ 目的:地域一番店を目指す

・内容:なぜエキスパートプランナーが必要なのか

・場所:神戸市勤労会館 702号室

・日時:2018年5月22日(火) 13:00~17:00 ※個別相談の時間あり

※参加人数は12名様限定です。お値段はなんと1,500円/1人(税込)。ぜひともご参加ください。

※参加希望の方は5月14日(月)までにご連絡ください。babaaurhum@jcom.zaq.ne.jp

平賀敬一郎建築研究所のホームページもご覧ください。

www.kei-hiraga.com

リフォーム会社の設計職

 人材の質

リフォーム会社の運営上の問題のひとつとして、設計の人材の質というのがあります。

 新築案件をメインに扱う設計事務所というのは、採用段階から大学で建築設計を学んだ新卒を雇い、働き始めてからも先輩所員の厚いサポートを受けて設計技術を習得していきます。

それに対して、リフォーム会社で設計・コーディネート職に就く人というのは、必ずしもこれまでの人生で建築設計を学んだり経験しているわけではないのが実情です。他業種から転向してきた人も多く、新卒で入ることもあまりない。当然そういう人たちは設計に必要な知識も経験もないので、まともな図面を描けない。

そこで正しい知識と技術を授けてくれる上司がいればいいのですが、その設計職の上司も同じような経歴で体系的な知識を持ち合わせておらず、これまでの自分が馴染んでいる、社内でなんとなく採用されてきたやり方に則った回答しかできない。また、そもそも設計職がおらず、まわりや上司は営業や工務の人ばかりであったり。

 つまり上司と部下、お互いがきちんとした知識を持たないまま、分からないまま無理やり物事を進めているのです。正しい知識を得られないまま何年も一緒に仕事をしていてもまともな関係など築けるはずもなく、むしろ悪化してお互い苦しむという悪循環に陥る。そんなリフォーム会社は多いのではないでしょうか?

 さらにそれを他の上司や役職者も見ているが、その人たちもまた営業や工務出身であったりで正しいアドバイスができず、結果根性論のような話になって「もっと現場に行って勉強しろ」などと言う。それはもちろん大事なことですが、リフォームの勉強の一側面であって、いま当事者が悩んでいることはそれでは解決できません。いま本人は、現場で訳の分からないまま突っ立って職人を眺めることではなく、もっと体系的な知識の習得を望んでいるのです。

 こんなやり方を続けていては、はっきり言って優秀な人材は確保できません。当たり前です。そういう人はよそに行きます。単純な話です。だからリフォーム会社は社員の定着率が低い。それで会社が開き直って「そんな奴は来てくれなくていい」、「最近の若い奴は根性がない」というのは簡単です。波風も立たず、そう言う年配者自身も傷つかずに済むかもしれません。しかし会社は発展しません。それよりも、具体的に問題に取り組む方が良い人材が来るし、将来自分も楽になります。

 正しい教育の機会を用意すれば正しく育ちます。それが教育です。

 私の考えをより詳しく知っていただくために、過去の記事もお読みください。

 

 設計・提案研修に興味のあるリフォーム会社様は、リフォームアカデミーまでご一報ください。実務に沿った内容を基本から丁寧に指南させて頂きます。

また、図面の個別添削やCAD講習、定期刊行物の作成なども承ります。

 リフォームアカデミーのサービス一覧

・設計・プレゼン研修※エキスパートプランナーを育てるなら必須です。

・図面添削赤ペン先生

・ムダな会議削減赤ペン先生

・個別案件図面作成

・社長通信など定期刊行物の原稿作成

私の考え方をより詳しく知っていただくために過去の記事もお読みください。

 

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

 

TEL/FAX:078-777-8899

MAIL:babaaurhum@jcom.zaq.ne.jp

 

 

 

なぜ研修に価値があるのか?

ネットでは入手できない知識・情報が得られる

なぜ『設計・プレゼン研修』に価値があるのか?

それは、ネットで検索して出てくるような、誰でも入手できる話をしないからです。その代わり、本当に有益な話をします。

  • どうすれば競合他社に相見積で勝てるのか?
  • どうすればお客様からの信用を勝ち得ることができるのか?
  • なぜ私が設計・プレゼンすれば100万の予算が一気に1000万にまで膨らむのか?

そういったことを具体的に話します。

こういう話は決してネットに出てきません。出てくるのは抽象的な話ばかりです。私だってこのブログでそんな事は書きません。そもそもネット上でリフォームについて語られているのは、ほとんどがセミナーの案内ばかりで、内容は誰にでも話せるような営業ノウハウばかりです。それでは“案件の数”を増やすことはできても“質の向上=高収益”にはつながりません。

そういうやり方は美しくありません。美しくないやり方は合理的とは言えません。合理的でないやり方はつまるところ良い結果を生み出しません。

今回は、大事な話はあくまで対面でしか聞くことはできないという話でした。

 

リフォームアカデミーのサービス一覧

・設計、プレゼン研修 ※エキスパートプランナーを育てるなら必須です。

・図面添削赤ペン先生

・ムダな会議削減赤ペン先生

・個別案件図面作成

・社長通信など定期刊行物の原稿作成

私の考え方をより詳しく知っていただくために過去の記事もお読みください。

 

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

 

汚い格好をしていると汚い仕事をさせられる

社用車や服装には細心の注意を!

先日、車を運転していると、横から白い軽自動車が合流してきました。

その時にボディの横側が見えたのですが、ドアにリフォーム会社のロゴが貼られていました。今風の軽やかなデザインでグリーンとオレンジの鮮やかな色の組み合わせが白い車体によく映えていました。運転しているのは若くて可愛らしい女性です。車自体もきれいに洗車されており、とても感じが良く印象的でした。

もし自分がリフォームするならこういう会社に頼みたいな、と自然に思わせる感じの良さがほんの一瞬見ただけで伝わってきました。

帰ってその会社をネットで検索したら、創業30年ほどの老舗と言えるリフォーム会社でした。仕事の事例などを見ても流行りの要素を押さえつつもきっちりと丁寧に納まっていて好感が持てました。社員紹介の欄にも、人間的に魅力のありそうな方々が各年代で揃っています。

良いメンバーに良い仕事、車も含めた外見にもきちんと気を配ることができる。当然業績も良さそうです。これからも伸びるでしょう。

第一印象が大事とはよく言ったもので、印象は最初の一瞬で決まります。そしてそれはなにか悪い事が起こらなければ覆ることはありません。

しかし、これが逆だったらどうでしょう?つまり、何年も洗車してないような汚い車にドロドロの服を着てヒゲも伸び放題の男性が乗っていたなら。悪い印象が一瞬にして相手に植え付けられてしまい、そしてその印象はなかなか消えません。

お客様は見ている

あなたが身だしなみなんて大したことじゃない、大切なのは中身だ、と考えていたとしたら、それは確かにその通りです。ても他人から見たらそうではありません。まったく縁も所縁もない赤の他人ならなおさらです。さらに、あなたの内面を推し量れるほど親しくなった人と接する時でもやはり身だしなみには気を使うべきです。親しき中にも礼儀ありです。

そして、私は見た目というのは、その人の内面を端的に現すと考えています。

汚れた格好でも平気という精神状態ではリフォームの現場を納めることは出来ません。そういう人が管理する現場は整理整頓・清掃が出来ていません。服装が汚いだけでなく、床には工具や建材、撤去した後の残材などが散乱して、木の削りカスやら何やらでどこまで床を仕上げたのかも分からない。そういう神経だから床の上に平気で工具を投げてせっかく仕上げたフローリングも傷だらけ。これが汚い恰好をした人の仕事です。そんな人に美しい仕上げが要求される上流の仕事を頼む人はいません。仕上げなど二の次、何でもいいからとにかく形だけ取り繕えば良いという仕事しか頼みません。本人がそれで良いと考えているのなら私が口出しする問題ではないかもしれませんが、やはりそういう人は人間としても雑に扱われます。雑に扱われて嬉しいと感じる人はいないのではないでしょうか?

大工さんでも塗装屋さんでも、仕事ができる人は身だしなみに気を使っていつも身綺麗にしています。そういう人はきれいな仕事を頼まれます。職人さんでも身だしなみに気を遣うのですから営業や設計の人はもっと気を付けなければいけません。

リフォーム業はどうしても汚れてしまう仕事です。営業マンでスーツを着ていても現場で作業を手伝って埃だらけになることもあるでしょう。しかし、だからこそ気を付けてください。やはりお客様もあなたと接する短い時間の中で、あなたの内面を推し量ろうとしているのです。それが、仕事上のものとはいえ人間関係というものです。

 

f:id:ReformAcademy:20171015144707j:plain

リフォームアカデミーのサービス一覧

・設計、プレゼン研修 ※エキスパートプランナーを育てるなら必須です。

・図面添削赤ペン先生

・ムダな会議削減赤ペン先生

・個別案件図面作成

・社長通信など定期刊行物の原稿作成

私の考え方をより詳しく知っていただくために過去の記事もお読みください。

 

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com

reformacademy.hatenablog.com